Gibsonのギターは見てはいけない!?

娘ライオンAと
妻ライオンMと
娘の友達Mちゃんと
買い物に出かけました。

ららぽーとに到着。

こんな時、娘ライオンAとMちゃんと
いっしょに買い物するのも楽しいとは
思いますが、

おやじがくっついて行くより
娘ライオンAにもMちゃんにも
ほどよい距離感が大事だろう

というわけで
僕は楽器屋へ

うーーーーーん

Gibsonのアコギがあるねー

渋い!

気になったのは

J-45 ラージピックガード
ピックアップ無し
(このクラスを買うのならピックアップが
無い方がいいかなと思ってます)

でも、これは商談中

その隣のはピックアップ付きだけど
色がいいです。

J-45
画像


向かって左に見えるのはJ-45 TV
これはピックアップ無し

でも
ピックガードが無いので
ストロークでガツガツ弾く僕には合わないか?

Dove
画像


サイドとバックがメイプルです。

以前タカミネのサイドとバックがメイプルの
ギターを試奏させてもらった時や
ネットでDoveの音を聴いて
気に入ってます。



じーっと
見ていたら店員さんが
時間があるなら弾いてみます?ってなことを
言ってきます。

いや、今日は絶対買わないけど
いいんですか?

どれを弾きたいと言わなくても
店員さんがギターを取ってきて
チューニングしてくれます。

まずはDove

お!

!!!

チューニングの段階で
いい音です!

チューニング後
店員さんが弾くと

うーん・・・

・・・・・・

すごくいい音です!
なんと言うか
アタック感って言えばいいのでしょうか。

気持ちいい音です。



弾かせてもらいます。

ジャッ!ジャッ!

うー!
す、素晴らしい!

強く弾いても
音がまとまっている!

こんなギターを試奏させちゃいかんだろ。
欲しくなるでしょ。

続いて
J-45TV

うーん・・・

これも素晴らしい!
トップがアディロンダックスプルース
ピックガード無し
それだけ鳴りにこだわっているってことかな。

素晴らしい音!

でも、ピックガードが付いていないと
僕の弾き方ではトップが傷だらけになりそう。

今持っているTakamineのLTD2008のように
脱着が容易なピックガードっぽいものを使えば
いいんだろうけど、でも
ギターのデザインとしてピックガード込みで
考えたい。
(この辺は形から入るので・・・)

そしてJ-45ラージピックガード仕様

おお!

これもいい音!

Doveとは違った
ジャキジャキした
バランスもいい



Gibsonのギターって
見てるだけで楽しい

そうすると店員さんが
「弾いてみます?」

「いや買わないんで」

「まあ弾くだけでも」

なんてやりとりで
弾くことに

すると



素晴らしい音!

欲しくなる!


しかし

金は無い!


なので

Gibsonのギターは試奏してはいけない。
欲しくなるから。

試奏しないようにするには
見ないことだ。

だから店で見てはいけない。





ってことないよね。



帰りの車の中で
妻ライオンMに力説してみる.

ライオンK「いやー、Gibsonのギター
試奏させてもらったら、すごくいい音だったよ」

妻ライオンM「そう!よかったね!
よかった。よかった。」

娘ライオンA「よかった。よかった」



うーーー

かわしかたが母娘でタッグを組んで
パワーアップしてる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年06月21日 18:55
うん、よかった、よかった。(なんてね)

オススメの時間帯・・・平日の夜。
周囲が大人な雰囲気の中、試奏する楽器の音が広い店内に響き渡り、何とも言えない時間が過ごせます。
「う~ん、楽器っていいなー」みたいな感じで。
年内には1本行くような気がします(^^)
ライオンK
2015年06月22日 21:42
けんぞーさん

携帯電話での撮影なので
わかりにくいかもしれません。
(カメラで撮っても、わかりにくい
かもしれません)

それに音!

いやー、こいつらの
カッコよさはたいしたものです。

この記事へのトラックバック