東海道ウォーク ゴールデンウィーク特別企画第4弾

けんぞーさんと
金谷から石畳の道、小夜の中山峠と
趣のある東海道を15km位歩き、掛川で飲みましょうという計画を実行してきました。

駅でけんぞーさんと待ち合わせ。
徒歩でスタート。

自転車の半袖ジャージ、アームカバー
下は普通のジャージ
靴はHATTORI
中日ドラゴンズファンクラブの
メッセンジャーバッグ

なんか見た目インパクトがあるかっこうです。

けっこうぎりぎりかな・・・ほぼ全力で歩きます。
暑い

途中少し走りました。8km位歩き駅到着。

金谷駅に到着

さあ歩きます。
画像


石畳の道を目指します。
画像


いきなり激坂です。
画像


石畳の道へ
画像


画像


画像


画像


菊川方面へ下ります。
画像


この前ランニングで登った粟ヶ岳の茶の文字が見えます。
画像


下ります。
画像


菊川側
画像


小夜の中山峠へ

激坂を登ります。
画像


茶畑がきれいです。
画像


画像


粟ヶ岳が見えます。
画像


激坂を下ります。
画像


こんな坂を下りました。
画像


新旧東海道
画像


東海道五十三次 日坂
画像


東海道五十三次 日坂 小夜ノ中山
画像


日坂の岡田製パンでパンを購入
画像


画像


パン屋のおじさん
「金谷から歩いてきたの?掛川で終わり?」

みなさん、もっと歩くの?
金谷から掛川まで激坂を含めて15km歩けば
なかなかのものかと思うんだけど。
けんぞーさんとちょっと笑えました。

道の駅でビール買って昼食です。
徒歩なんで飲めます。
ウォーキングいいです。
画像


酒も飲める
話をしながら歩ける

贅沢な時間を過ごします。

予定より早く掛川到着。

早くビールが飲みたいので4時開店の店へ行き
ミーティング。

酒もつまみも美味い。

明るい時間に酔っ払いました。

これも贅沢。

帰りに掛川駅の連絡通路で
高校生の路上ライブ

透明感のある、いい声でした。
画像

ブログ掲載の許可を頂きました。

もうちょっと聴いてみたいけど
女子高生の歌を
酔っ払ったジャージ姿のおじさんが一人で
じーっと聴いているのは、ちょっと・・・

学校も音楽も楽しんでね。

さあ
本日のウォーキングの後半戦

家まで7、8kmをのんびり歩いて帰ります。

トータル30km位歩いて帰宅。

楽しい1日でした。

けんぞーさん
道中話しかけてくれた農家のおじさん、おばさん
車から声をかけてくれた会社のOさん
路上ライブの女子高生さん
女子高生のお母さん

ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2016年05月03日 16:55
お疲れさまでした!
楽しかったですね~♪
帰りも歩きましたか!
30km・・・ワタシの倍ですね^^;
今日、かなり筋肉痛とか出るかな・・・と心配していたのですが、意外と大丈夫でした。
ただ、両足の裏に水ぶくれが・・・なんてひ弱い足裏なんでしょう。
今日はペンギンのように歩いてます。。。
ちょっと鍛えないと!
でないと、粟ヶ岳は無理ですね(^^;
途中の昼ビールは美味しかった~♪
2本以上手を付けたら、あそこで根が生えてしまったかもしれません。
ちゃんとゴールまで取っておいて良かったです♪
ストリートの女の子がいるんですね!
遠巻きに聴いている分には良いのでは^^
ちゃんと音楽聴いてるんですよ~アピールをしながら。
それも贅沢な時間のひとつになり得ますね!
またイベントやりましょう♪
ライオンK
2016年05月03日 21:41
けんぞーさん

すごく楽しかったです。

ウォーキング
昼ビール

のんびり
ゆるやか
贅沢な時間の流れ

またイベント楽しみましょう^^
おいちゃん
2016年05月04日 00:46
15kmのウォーキング、十分におじさんの1日と思って読んでたら30km。
かなりの距離では(笑)。

ギターの女の子、ギターが大きく見えますね。
小柄な子でしょうか。
ギターを背負って歩く姿が目に浮かんで微笑んでしまいます。
ライオンK
2016年05月04日 09:17
おいちゃん

メインのコースは15kmなんですが、前後も歩いてみたくて、実行したら30kmになりました。
楽しかったです。
一番きつかったのは集合時間に遅れないように急いで歩いた最初の8kmだったかもしれません。

ギターの女の子は
小柄みたいですね。

制服で
周りも水、楽譜、ケースと
すっきりして
透明感のある通る声。
トータルでこの子の魅力のように思います。
お母さんが近くで見守っていらっしゃったのもいいと思います。

この記事へのトラックバック