通学自転車を発注

娘ライオンAが、この春中学校から自転車通学になります。
なので自転車選び。

カタログをもらって、見るのはほとんど僕。

ふむ・・・

なに?アルミフレームで17、18kg?

アルミじゃないと20kgオーバーとか!



普段見るカタログやパンフレットは6kg台から7、8kg

思いと言われるクロモリでも10kg位なのに・・・


フレームもリムも、他のところも丈夫に作っているので重いんだと思います。


娘ライオンAは、パンフレットもほとんど見ていないようで、あまり興味がなさそう。

そろそろ注文しようということになり、娘ライオンAに聞いてみました。

ライオンK「カタログ、ほとんど見ないけど通学用の自転車に興味ないの?」

娘ライオンA「見ても違いがわからない。」

なるほど。だからあまりパンフレット見ないんだね。

ライオンK「いいか、このマークはアルミフレームでちょと軽い。これは・・・」
「近所Sちゃんや女親分肌のRちゃんはアルミフレームではない、このモデルなんだって。(なるほど、アルミフレームじゃないけど、手頃かな)お前もこれにしたら?」

娘ライオンA「これがいい!」


あのね、それは、いいよ。いい自転車だと思うよ。
アルベルト。ブリジストンの通学自転車のトップクラスだ。

ライオンK「うるさい先輩もいるみたいだし、友達と同じモデルが無難じゃないのか?」

娘ライオンA「みんなと違うところがいいんだよ。この雰囲気がいい」

妻ライオンM「自転車を趣味にしている家の子は、買う自転車がちょっと違うよね。って言われたいんだよね」

娘ライオンA「うん!」




ふむ。そういうことなら、よろしい。(おだてに弱い僕のこういうところは妻ライオンMにとって僕は扱い易いだろう)



先日サイクルランドちゃりんこへ。

アルベルトが置いてありました。


ワイヤー内臓フレーム!!?
通学自転車にその機能がほしいか?

僕の自転車さえ、やっとワイヤー内臓フレームになったところだというのに。

まあよろしい。



女の子がスカートでも乗り降りしやすいように、トップチューブが低めのモデルと高めのもでるがあります。サイクルランドちゃりんこではトップチューブが高めの自転車は女の子には今までに1台売れただけとのこと。

ライオンK「こういうのは乗りいくいみたいだから、こっちの(トップチューブが低めの)にすれば?」

娘ライオンA「ううん。こっちがいい」

ライオンK「なんで?」

娘ライオンA「かっこいいから」




自転車を選ぶのに、機能や実用性より、かっこいいからとかで選ぶのはさすが僕の娘です。

親子そろって形からはいるタイプかもしれないです。

"通学自転車を発注" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント